Topへ

開発ブログ(Blog)

クイックアシスト(windowsPCを遠隔地から操作)

前提条件

OS
・Windows 10のAnniversary Update(バージョン1607以上)をインストール
・Windows 10以前のOSだとクイックアシストが利用できません。

メリット

クイックアシストとリモートアシスタンスの大きな違いは操作性です。リモートアシスタンスを使うためには準備を含めて接続前にいくつかの操作が必要ですが、クイックアシストは一切の準備が必要なく、デフォルトですぐに接続でき実に簡単です

 

デメリット

クイックアシストでは文字を使ったチャット機能がなくなりました。但し、「コメント」ボタンをクリックすると、支援を受ける側のパソコンにコメントなどを書き込んで表示できます。
また、テキストメッセージを送信することもできます。
ですが、きめ細かく対応しようとすると、別途SkypeやLINEなどのインスタントメッセンジャーを使うか、電話でやり取りするなどが必要になります
実際には、文字のやり取りよりも、電話でやり取りしながらの方が効率的です。

操作手順

サポート側 ユーザー側
[スタート] メニューから [Windowsアクセサリ] → [クイックアシスト] を起動。 同左
<起動方法>
1.ショートカットキーでCtrl + Winキー + 'Q'で起動するか。
2.検索ボックスで 「クイック アシスト」と入力し、アプリを起動します。
同左
①既にインストールされている場合
以下の画面が表示されるので「既にインストールされています・・・今すぐ起動します」をクリックします
(※インストールされていない場合、右のユーザー側の手順を参照)

ネットワーク
①インストールされていない場合
以下の画面が表示されるので「Microsoft Storeを開く」をクリックします
(※インストールされている場合、左のサポート側の手順を参照)

ネットワーク
 


ネットワーク

③「入手」ボタンクリックします
ネットワーク



ネットワーク



 
④インストール
ネットワーク
⑤「他のユーザーを支援する」をクリックします
他のユーザーを支援する
⑥セキュリティコードの通知を待ちます
他のユーザーを支援する
⑦セキュリティコードを相手に伝えます(skypeやlineなどのインスタントメッセンジャーを使うか、電話で伝えます
他のユーザーを支援する
⑧受け取ったコードを入力し、「画面の共有」ボタンをクリックします
コード入力
⑨起動中
起動中
⑨起動中
起動中
⑩共有オプションで「完全に制御する」を選択し「続行」をクリックします
共有オプション
⑪許可をクリックします
共有オプション
⑫リモートで操作ができるようになります
接続完了
⑬画面共有は有効になります
※画面上部に表示されます

接続完了
⑭クイックアシストを終了する(画面右上の「参加の終了」ボタンをクリックします
接続完了
⑮「画面の共有が終了しました」というダイアログメッセージが表示されるので、ダイアログを閉じます。
接続完了
⑯リモート接続解除します
接続完了

 

 
 
 
 
 
 
 

DNSサーバーとメールサーバーのお引越し

昨年末から年明けにかけて、使用していたお名前.comの仮想サーバーからさくらインターネットへ移設しました。

旧dns:dns.trust.or.jp(157.7.213.145)
新dns:ns1.trust.or.jp(153.126.216.144)
ネットワーク

手順としましては
①2020/12/21 新サーバーにdnsサービスとメールサーバーをインストール(PostOffice)。

②2020/12/22 旧DNSから新DNSへゾーン転送してデータをコピー
ゾーン転送を停止後、新DNSでdnsのアドレスとメールサーバーのアドレスを変更。

③2020/12/23 さくらインターネットに対してレジストリ変更申請(メールにて)。

④2020/12/24 さくらインターネットから新規dns(ns1.trust.or.jp)のレジストリ登録完了メール到着ドメイン管理画面からwhois情報の変更を実施後、旧メールサーバーのデータをバックアップ

③2020/12/29 ここで問題が発生。弊社のdns管理下で動作している顧客のdnsのレジストラは同じさくらインターネットなのですが個別契約になっているのを忘れていて、whois情報で指定しているドメイン名の変更をしていませんでした。
顧客からの連絡で、メールの送受信ができないと連絡がありました。
慌ててwhois情報のdns名称を変更したところ、しばらくしてメール送信できるようになりました。
その後、旧メールサーバーのバックアップと新サーバーのメール情報をマージ。

④2021/02/04 知り合いにメールしたらメールが届かないとのこと。messengerで連絡したら下記のようなログが出力されているとのこと
            Thu, 4 Feb 2021 17:43:51:SMTP:mid=20210204174351376000_:Warning Primary DNS:02.dnsv.jp No GetMX Recipient=xxx@trust.or.jp
            Thu, 4 Feb 2021 17:43:51:SMTP:mid=20210204174351376000_:Secondary DNS Get MX completed: MxCount=1 Recipient=xxx@trust.or.jp
            何やら先方のプライマリdnsが弊社のdns情報を正しく認識できていない様子。dnsのキャッシュ情報が更新されていないのかと考え、様子をみることに。
            プロイダ系のdnsは接続数が大量なのでdnsのSOAレコードのexpireの値が長いんですよね。
            調べてみると
     dnsv.jp
        primary name server = 01.dnsv.jp
        responsible mail addr = hostmaster.dnsv.jp
        serial  = 2020073000
        refresh = 3600 (1 hour)
        retry   = 300 (5 mins)
        expire  = 3600000 (41 days 16 hours)
        default TTL = 7200 (2 hours)
    01.dnsv.jp      internet address = 157.7.32.53
    01.dnsv.jp      AAAA IPv6 address = 2400:8500:3300::53
         案の定長い。41日と16時間

⑤2021/02/12 dnsサーバーの逆引き設定が正しくないのを発見したので修正。

⑥2021/02/19 今まで迷惑メールフォルダーに振り分けられていたyahooのアカウントにメールを送ってみると、通常の受信箱に受信していて今までメールヘッダーにX-YahooFilteredBulk: 153.126.216.144と付加されていたものがなくなっている。(おそらくこれは逆引き設定を変更した効果)

⑥2021/02/20 2/4にメールエラーが発生した人に再度メールを送ってみるとちゃんと届いているとのこと。

とりあえずこれで2年間も、伸ばしに伸ばしていた案件が完了ということで。一安心!